2019.03.31

ゆみらぼでのニキビのケア①赤ニキビ

今日はニキビの中でも「 赤ニキビ 」のことについて書いてみます。

以前にフェイシャル専門サロンのニキビケアと題したブログを書きました!ぜひニキビでお悩みの女性はそちらのブログから読んで頂きたいです。

ニキビでお悩みのお客様にもタイプがあります。

①脂の分泌が活発、赤い大きなニキビがあり、痛い。

②乾燥しているけど毛穴は開いていて、赤ニキビよりも白ニキビが多い。痛みより痒み。

③脂の分泌は活発ではないけど、周期的に赤ニキビができることがある。

などなどと、まだ他にもタイプはありますが、この3つのタイプが多いですね。

①番のタイプの赤ニキビを説明していきますね!

赤ニキビとは、毛穴に詰まった汚れや皮脂に細菌が入って炎症を持ったものです。化膿することもあるので、慎重に。  また、跡が残りやすいのも赤ニキビです。

なぜ皮脂が詰まるのか!というところから!

まずは皮脂の出る量が多過ぎるからです。ではなぜ皮脂がたくさん出るの?

原因の一つは、脂を出す指令を送るホルモンのバランスが乱れているからです。ホルモンは思春期に乱れやすいのは、ご存知と思います。それはまた、なぜかというと、思春期はまだ心も体も成長していくときで、その著しい成長が、不安定のもと(体にとってのストレスや疲れになるから)だからです。

ホルモンのバランスが、ストレスや疲れで乱れる?

そうなんです!

だから大人になってからニキビで悩む人も出てくるのです。

もう一つの脂が出過ぎる原因は、やはり食事!

油ものや糖質の摂り過ぎ!またはそれらをエネルギーに変える時に必要なビタミン(野菜)の取らな過ぎ!(タンパク質がエネルギーとして使われる時には、ビタミンB6が!糖質が使われる時はビタミンB1が必要なんです。この仕組みは意外と知られていなくて、ダイエットにも大切な知識のひとつです)

どっちの原因も、お肌から過剰な皮脂を出してしまい、それが原因でニキビができます。皮脂は脂で、酸化しやすいので雑菌が集まりやすく、炎症がおきて赤ニキビになります。

 

また、もう一つの脂が多過ぎる原因は、乾燥です!

脂が出てるんだから、乾燥してないよぉ!って思われますね?でも反対で、乾燥してるから、一生懸命皮脂を出すのです。そして出過ぎてニキビに。。

お肌の曲がり角は、昔から「25歳」と言われます。

単純に25歳以上の方の乾燥は、老化の一つとして理解できますよね。だから、老化予防のケアをしていく必要があります。

では、25歳以下の方の乾燥の原因って?

先程も言いましたように、ホルモンが皮脂を出す指令を送るんです。だからその指令がうまく出せていないと乾燥します!ホルモンはストレスや疲れにすごく影響されるので、25歳以下の方でも、ホルモンバランスの崩れから乾燥することもあります。

余談ですが、私が22歳の頃、仕事がめちゃくちゃ忙しくて毎日毎日朝から晩まで働いてた時があって、ある朝起きると、まぶただけがカッサカサの粉々になっていたんです。その顔で出勤すると、社長がびっくりして、「帰って寝て!」と言われました笑笑。

乾燥も、ストレスや疲れが原因でもあるんですね。

ということは皮脂が出過ぎるのと乾燥は紙一重だということです。

紙一重のどちらになるかは、食事や生活習慣や性格などが、関係しています。

また、若い女性のお肌の乾燥には、最近のホームケアも問題です!

すっかり主流になったオイルクレンジング!拭き取りシート!最近では優しそうに思える水クレンジングが、お肌の乾燥に大きく影響しています。

ファンデーションの汚れは油汚れ!油は油で落とす!ということなのですが、お顔に油を塗っちゃうと、その油を落とすのが大変なはず!ですが、オイルクレンジングって洗い流せちゃうでしょ?それは界面活性剤というのが入っていて、水と油を乳化させる役目をしてくれてるから洗い流せるんですよ。でも実はその界面活性剤が、お肌を乾燥させてしまうんです。

界面活性剤って何かというと、洗剤のことなんです。わかりやすく言うと食器用洗剤のことですね。油汚れもサッと落ちる!みたいな。。

そんな大人な事情な世の中。

界面活性剤を使っていないクレンジングもあるんですよ。

ゆみらぼがお薦めするのはもちろん界面活性剤なしのクレンジング!!

使うとね、お肌に優しいって涙が出そうになるくらいです。

脂の調節ができないかたは、クレンジングを変えることが早道!!

 

赤ニキビは、赤鬼をイメージしてもらうとわかりやすいかな。

プンプン怒ってる赤鬼を、ひとまず落ち着かせること!

そして怒ってる理由を忘れさせる!次は優しく、もう怒らない鬼さんに導いていく!

最後に、鬼さんからお兄さん(*^^*)に優しいお兄さんに♡

 

赤ニキビ

①脂が出る理由を取り除いていく(ホルモンバランスを整える)

②乾燥肌を改善

➂ホームケアを正しく

この3つです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をSNSでシェア!
2019.03.20

若い女性もお顔のたるみで悩んでいますね

最近は若い女性もたるみで悩む人が増えています。

若いのにたるみ・若い女性でたるみが気になる方急増中!

なぜ?どうして?若いのにたるみで悩むのぉ??

一番の原因は、最近よく言われますが、「スマホ」です!

一日中だいたい下の方を向いてスマホを見ていますね。腕を持ち上げてアゴをあげて見るなんて、長くはできません。  だいたいが下を向いて、二重アゴを作ってスマホに夢中!二重アゴを作るだけじゃなく、口が開いてたりするとどんどんたるんできます。

また、下を向いていることで、「スマホっ首」と言われている首こり、肩こりになり、さらには自律神経の乱れが起こり、それもまた、たるみの原因になったりします。お肌は心の鏡なので、元気がなくなるとお肌も元気がなくなり、たるむということです。

だからスマホの内容にも関係しますね!彼氏ができて、もうラブラブで、楽しい内容のものだと、下を向いていても、お顔はニッコリ!頰の筋肉が上がって、幸せホルモンのオキシトシンが出て、たるみも首こり肩こりもなくなってしまうでしょう。

では、今はラブラブではない、普通の幸せ状態くらいの方のためのたるみ予防法をご紹介します(^-^)

 

スマホ!やめればいいんですよ♡

いや、私でもそんなことできないっ!

でも、スマホもたるみの原因だってことは意識しておいてくださいね。たるみを作らないように、スマホをいじる!   二重アゴにならないように(二重アゴじゃない姿勢で)したり、口をしっかり閉じて、できれば口角をキュっと上げてスマイルの練習しながらスマホをいじる!首こり肩こり対策としては、30分おきに首を回したり、肩甲骨を動かすように腕を回したりします。筋肉は固まると血流が悪くなってしまい、自律神経にまで影響を及ぼしますので、しっかり動かして血流を良くする。

若い方なら、本当はまだたるみで悩むのはおかしいので、これをやるだけで、改善します。

じゃあ、若くない人は。。。

スマホ!やめればいいんですよ!(^.^)

はい!そんなの若くなくても無理ですよね。

大丈夫です!スマホも、さっきのラブラブな彼氏とメールしてる時みたいな気持ちを思い出してするだけでたるみ予防になりますから(笑)

冗談みたいだけど、たるみのためだけじゃなく、健康のためにも、ワクワクドキドキが一番の特効薬なので、何かいい、ときめくことに出会うといいですね。

たるみの改善方法については、先日のブログでも紹介していますので、そちらをご覧頂きたいです。

美肌に一番の特効薬!それがワクワクドキドキです。

実はこれは、美肌だけではなく、健康のための特効薬でもあります。

今、ワクワクドキドキすること!ありますか?

私は、毎日、今日来られるお客様のことを思うとワクワクします。

だって私のことを好きな方しか来られないので、本当に感謝ですし、絶対喜んで帰って頂きたいと思うと元気がでます! 

私のドキドキはもう一つあります。アーティストの尾崎裕哉さんのライブに行くことです。そのためになら夜行バスにだって乗れる(結構しんどいんですよ)でもワクワクドキドキでたくさんパワーが出てくるんですよね。

そんな生活のハリになるようなことがあると、お顔のハリにもつながるいうことです。               だからぜひ!ワクワクドキドキすることを見つけてください♡「そんなのないです~」って言われる方が多いのですが、 それがエステに通うことでもいいと思います!キレイになっていくことでどんどんワクワクドキドキして、そうすると次の楽しみも見つかると思います!(^^)!             

 

また、東洋医学の五行説で考えると、たるみは「脾」とつながります。脾は「胃」のことでもあります。胃が疲れていたり、弱っていたりすると肉がたるむと言われています。それがお肌のたるみです。また口がゆるむとも。口のゆるみはあごのたるみにもつながります。口がゆるむとよだれが出やすいので、そんな方は胃を大事にしてあげてくださいね。    そして、「腑に落ちない思い」を持ち続けていると胃が弱ってしまいます。なるべく嫌なことは許して、忘れていくようにすることもたるみ予防につながるんですよ。逆に胃が弱っても、腑に落ちない思いが多くなるとも言われています。    胃を大事にすることで、たるみを予防できるなんて思っていなかった方が多いと思いますが、ちょっと自分と向き合ってみてくださいね。

 

若い女性も、若くない女性(笑)も、首肩コリをほぐして、ワクワクドキドキして、胃を大事にしてあげて、たるみとさよならしていきましょうね! 

この記事をSNSでシェア!
2019.03.15

アトピー肌の改善には

アトピー性皮膚炎って言葉が、30年くらい前から聞かれるようになりました。

アトピーって、「奇妙な、原因不明な」というような意味なのですが、最近ではそれがアトピーっていうアレルギーの一つに入れられてるみたいですね。

なぜかというと、アトピーの原因が色々とわかってきたからです。

例えば、卵アレルギーや、小麦粉アレルギー。その原因に対してアレルギー反応を起こしてしまう、という体質だということです。

20年前は、原因がわかっていなかったので卵除去などという考えも浸透しておらず、お肌にアレルギーが出ている方がたくさんおられました。湿疹による痒みで苦しみ抜かれたと思います。今ではその原因がわかったことで、湿疹が出ることもなく、卵を除去することでお肌的には問題なく生活されています。

食物アレルギーに関しては、除去食をしていくことで対策していけます。

ですが、それ以外の、例えば、ハウスダストや花粉、ダニやホコリ、いろんなアレルギーが判明して、アレルギ体質と分類される!ハウスダスト除去なんてできるでしょうか?

私も、アレルギー検査をしたことがあるのですが、ハウスダスト!ダニ!アレルギーと診断されました。

私は皮膚科の先生に、「ハウスダストのアレルギーじゃない人っているんですか?」って言ってしまいました(笑)   先生はただ笑っておられましたけどね。

アトピーは治らないって病院で言われた方は少なくないです。それは、「私(その先生)は治せない」ってことだと思います。私は、時間はかかりますが、アトピーは治る病気だと思っていますし、治られた方はいらっしゃいます。

今、お肌への症状として、乾燥してガサガサしていたり、痒みや赤みががあったりするなら、今すぐ症状の緩和を実感頂ける施術をさせて頂けます。

ゆみらぼのコースとしては、深部洗浄とバイオニックのコースです。状態を見て、バイオニックだけになるかも知れませんし、肌別でパックをさせていただくかも知れませんが、しっかりお肌を見て施術させて頂くので、その都度お肌の改善を実感頂けます。

アトピー肌の特徴から、お肌の鎮静をさせていき、それを続けていくことでアレルギーを沈静化させていきます。定期的にご来店頂くことやホームケアや体質改善のための食生活など、がんばって頂くこともありますが、お肌の改善という喜びがあれば、がんばって頂けます。

お薬に頼っていながら、一人でがんばっている感で、不安を抱えておられる方はぜひご相談ください。一緒に向き合っていきましょう。

お肌は心の鏡体の鏡!今までのストレスを改善していくだけでも、お肌の改善につながります。一度のご来店でも、ビックリするような効果を実感頂けます。

乾燥したお肌のまま放っておくと、どんどん敏感肌がひどくなっていき、」症状が悪化して慢性化していくことになりかねません。だから保湿をしっかりしてくださいね。

また、アレルギーは腸の状態とも深く関係しているとよく聞きますよね。だから花粉アレルギーの改善のためにヨーグルトを食べるとかも聞きますよね。

腸の状態は本当に大切です。アレルギーがない方でも、納豆やみそ、お漬物などを毎日摂ったり、たっぷりの野菜メニューを摂ったりして頂きたいです。そういえば、昔は食べられていたものばかりですね。

最近私はインスタグラムで私の野菜メニューを紹介しています。私も仕事しながら毎日の食事作りをしていますので、手の込んだことはできません。ですが、毎日美味しく楽しく、でも太らない健康的なメニューを考えています。よかったら参考にしてくださいね♡

ゆみらぼのインスタグラムこちらから見れます

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.instagram.com/yumi_labo_nikki/

最近はスーパーに行けば一年中同じような野菜が並んでいます。季節の野菜を食べることが少なくなってきています。   また、夏は暑いけどクーラーで体が冷えたり、冬は温暖化のせいで昔ほど寒くはなく、面倒くささやおしゃれのために冷え対策ができていない方が多いです。ゆみらぼでは、アレルギー予防だけではなく、健康なお肌と心と体作りのために、季節を追った生活のアドバイスをしています。(季節ごとにお客様にゆみらぼ通信を発送しています。)季節のものをしっかり食べて、体をしっかり温める!!このことがとても大事ですよ!

「やってるけどなー、でもダメだなー」って思われる方は、もっと!!してくださいね(^^)/              野菜が!温めが!足らないんです。変わるまでガンバッテいきましょうね♡一人で挫折しそうなときはゆみらぼに来てくださいね!(^^)!

この記事をSNSでシェア!
2019.03.04

春の紫外線対策

春がもうそこまで来ていますね。

3月はあったかい日と寒い日が繰り返される寒暖差がある月ですね。寒暖差は意外とストレスになりやすい。

だっていやですもんね。昨日はあったかくて、もう春だ!と思ってたのに、今日は寒い~(>_<)なんて。

でも「寒の戻り」「暑さ寒さも彼岸まで」
そんな言葉もあるように、そんなものなのです。
だから、少しぐらいの寒暖差も、寒さ対策をしっかりして、
この繰り返しで春がやっってくるんだとワクワクに変えていきましょうね。

自律神経はストレスに弱く、不安定にしてしまいます。自律神経が不安定になると病気を作ってしまいますからね、無駄なストレスはこっちからさよならしましょうね。「わ!今日は寒いんだ!この次あったかくなったらもう春になるかな!」
てな具合に、思い方ひとつで天国言葉に早変わり。
春は嬉しいこともたくさんあるのに、えーーー!って思うことも多いから
ワクワクよりもついつい憂鬱に考えちゃう人が多いけど
春のトラブルを防ぐ一番の方法は「ワクワク」することですよ。

 

春といえば、エステの業界では「 紫外線 」です。
紫外線って夏じゃないの?って思われる方もまだいるかもですが
もちろん夏もなんですが、実は春の紫外線の方がキツイんです!!
空気が澄んでる春だから、紫外線が地上に届くのがハンパない。

そして紫外線で怖いのは、「シミ」よりもじつは「シワ」なんです。
紫外線を浴びるとお肌の真皮層のエラスチンという弾力繊維が減ってしまうのです。
エラスチンはあまり聞かない言葉かも知れませんが、コラーゲンのお友達というか家族みたいなもので、コラーゲンがなくなると小ジワが増えますが、エラスチンがなくなると深いシワができます。
紫外線をたくさん浴びている漁師さんや農家のおじさんの、深いシワがその例です。でもその方たちがすごいシミがあるかというと意外とそんなことはないんですね。
だから、紫外線で怖いのは、シワ!!

年齢に関わらず、紫外線はエラスチンを減少させますので、若い人も気をつけてね。

ゆみらぼでは、周りのどの女性よりも、早めの紫外線対策をしましょ♡とオススメしています。

3月ってまだ日傘差してる女性は少ないですが、やっちゃいましょ!
サングラスも紫外線対策には必須アイテムですね!やっちゃいましょ!
最近では、UVカットのメガネがたくさん出ていますので、黒いサングラスではなくて、自然めな伊達メガネでオシャレ感を出しながら、実は紫外線対策!
すごくオシャレだと思います☆

もちろん、日焼け止めも絶対してくださいね。
でも、日焼け止めは気をつけないとお肌を乾燥させるものもありますから。
紫外線吸収剤や紫外線カット剤を多く使っているものは、お肌を特に乾燥させますので、なるべく自然派の紫外線をカットするタイプのものより、お肌の免疫力を高める美容液に近い日焼け止めをおススメします。

ゆみらぼでは、ポリシー化粧品のサンブロックという日焼け止めをオススメしています。16種類の生薬で紫外線からお肌を守ってくれて、今あるシミにも働きかけてくれる日焼け止めです。

そして、紫外線を浴びてしまう時は、保湿をしっかりしてくださいね。
紫外線を浴びてしまうと、それをなかったことにするためにお肌は新陳代謝を活発にしていきます。そのためにもしっかりと保湿をして活発に働けるお肌の状態を維持しておくことが大切です。

また、食事でも、ビタミンCやお肌を作るアミノ酸である良質なタンパク質を摂ることも大切です。

私のオススメ簡単ビタミン補給は、「キャベツの千切り山盛り」。食べ方は自由ですし、千切りでなくても大丈夫。生のキャベツを一度、た〜くさん食べてみてください。翌朝のお肌!絶対違いますよ。キャベツはビタミンCがすごく豊富です。ぜひ疲れたお肌の時などもおすすめですよ。

紫外線予防は「徹底する」ことに意義があることもお忘れなく。
紫外線を浴びると増えてしまうメラニン色素!これがシミの原因になるのですが、実はこのメラニン色素は紫外線をお肌の奥に入れないために出てくる免疫力でもあるのです。だから、お顔だけを守っていて手や足を無防備にしていると、紫外線をあびたことで脳がメラニン色素を出す指令を送ってしまいますから、お顔にも影響が出てくるのです。

ここでまとめておきますね!
紫外線対策で知っておいてほしいこと
①紫外線はシミよりもシワを作る!
②3月から日傘、UVカットメガネ
③日焼け止めはお肌を痛めないものを使う
④保湿していいお肌状態を作っておく
⑤ビタミンCとアミノ酸を摂る
⑥紫外線予防の徹底

これさえできていれば、桜も海も山も楽しめるんですから!
やっぱりワクワクして春を待ちましょうね。

この記事をSNSでシェア!

ホームページを見た方、ブログを読んだ方は
ぜひこちらからフォローをお願いします!
役立つ美容情報を日々更新中♬

  • instaram
  • LINE
  • 美肌ブログ